Author Archives: nassy

TOP本番

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 交通システムデザイン研究室B4のナッシーです。 10月30日(火)にデジタルプラザ キュリオステーション田神 テストセンターにて交通工学研究会認定TOP資格試験を受験しました。 大学の学科での専門科目のうち、2年次後期に受講した都市交通計画と3年次後期に受講した道路工学、さらに自動車学校での学科試験を合わせたような内容です。 交通研の4年生は毎年TOPを受験します。 TOP本番に向けて、杜然さんとホンくんと三人で定期的に集まって、順番に過去問を参考にしながら問題を作成して解き合っていました。 研究生の杜さんは諸事情により本年度中には受験することができないということが発覚し、ホン君と二人で受験しました。 結果は… 二人とも合格に必要な正解率64%には到達せず落ちてしまいました。 合格したら倉内先生からいただけると噂で耳にした、受験料7560円相当のご馳走食べたかったです。

Posted in 研究室活動 | Leave a comment

5大学合同セミナー その1

皆様、お久しぶりです。交通システムデザイン研究室B4のナッシーです。 8月24日金曜日から26日日曜日にかけて、滋賀県草津市にある立命館大学びわこくさつキャンパスにて、岐阜大学、京都大学、立命館大学、宮崎大学、名古屋大学の5大学で合同セミナーを実施しました。 金曜日は、学生だけでの懇親会でした。 他大学の同じような研究に取り組んでいる学生と交流する貴重な機会となりました。 個人的には、たまたま宮崎大学の学生が多めのテーブルで、宮崎大学の内輪ネタで盛り上がりました。 土曜日からは、いよいよ研究発表です。 まず、先生方による基調講演でした。 岐阜大学の倉内先生の講演では、交通ビッグデータやMaaSについて学びました。 学部の講義で倉内先生に教わってきた内容が実際どのように応用されているのか理解できました。 京都大学の山田先生の講演はネットワークの強靭性がテーマでした。 自分の卒業研究と関連していて興味深かったです。 次に、18名の学生による口頭発表でした。 他大学の先生方や学生の前で発表するのは初めてでした。たくさん質問を先生方や他大学の学生から頂けて、感謝です。 岐阜大学の先輩であるペリーさんが何回も質問していて凄いと思いました。 他大学には発表中に音を流した学生がおり、その発想は今までになくて衝撃的でした。 オーラルセッションの後、BBQでした。 立命館大学の食堂のスタッフの方々も協力してくださいました。 先生方も交えて、前日の懇親会では席が遠くて話せなかった学生とも、お話しできました。 隣の芝生にある遊具で、筋トレが何回できるかを競って盛り上がっていました。 土曜日のみ参加する京都大学の山田先生の分だけ表彰式が行われました。 まさか自分が選ばれるとは思っていませんでした。 その後、2次会でした。 個人的には、前日の懇親会で特に仲良くなった宮崎大学の方々との輪に入って、さらに仲を深めることができました。 先生方が各大学の地元のお酒を持ってきてくださり、日本酒の飲み比べを楽しんでいました。

Posted in お出かけ日記 | Leave a comment

交通リレー講義

はじめまして。B4のなっしーです。 6月11日に、大学院生向けの特別講義があり、学部4回生も参加させていただきました。「都市と社会、交通の関わり」という題目で、4名の講師をお招きし、1人1時間ずつのリレー形式でした。 前半は、豊橋技術科学大学の杉木直准教授が、「都市モデルを用いた土地利用と交通の政策分析」というテーマで、名城大学の鈴木温教授が「現在の都市問題と計画策定のための分析手法」というテーマでした。 個人的には、今後の自分の卒業論文の方向性を決める上で参考になりました。 15分休憩を挟んで、後半は、まず、鳥取大学の桑野将司准教授が「ソーシャルネットワークと交通行動分析」というテーマでした。本編とは関係ないですが、スマホ=退屈に耐えられない、という話が印象に残っています。上の写真は桑野先生のスライドを撮ったものですが、倉内先生の名前を分析しています。本編では、人間の心理学的要素を交通に取り入れる考え方に興味を持ちました。 最後は、キャンベラ大学の中西仁美准教授が「公共交通志向型開発」というテーマでした。はるばるオーストラリアからいらっしゃいました。オーストラリアへ行ってみたくなりました。説明は日本語でしたが、下の写真の通り、スライドには英語もありました。 講義の後は、岐阜駅近くの居酒屋「おせん」にて、講師の先生方との懇親会が行われました。講義も懇親会も、我々の研究グループだけでなく、岐阜大学の学生に比べれば人数は少なかったですが、名城大学の学生にも参加いただきました。これから卒業論文を進める上でお世話になるであろう先生方にご挨拶をしました。 自分の卒業論文と関連して研究をしている先生方のお話を伺える貴重な機会となりました。

Posted in 研究室活動 | Leave a comment