H27年度 修論公聴会

M1のナオPです。

2月15日に修論公聴会があり、
M2の先輩方が研究成果を発表されました。

 

ダイソンさん「交通事故要因の検討におけるベイジアンネットワークの適用」

シュンさん「破堤確率および上下流の関係を考慮したリスク評価に基づく流域治水計画策定方法」

ツヨシさん「区間旅行時間観測値を活用した動的交通流動把握手法の開発」

周さん「金華地区における地下水と生業空間」

ポッチャマさん「社会的費用に基づく舗装日常点検における住民と行政の役割分担」

カンさん「津波避難計画及び道路交通情報提供による避難誘導効果に関する研究」

 

発表が終わってホッと一息。

いよいよ明日は審査会です!

This entry was posted in 研究室活動. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ