第一回発表ゼミ

B 4 のうっちーです。

5/31(火)に平成28年度第1回発表ゼミがおこなわれました。

M2 5人、M1  1人、B4 10人の16名に発表してもらいました。

発表順に研究題目を紹介していきます。

トップバッターのぞむさん

1.土木史教育の実践

ヘッド

2.氾濫リスクの効率的な求解法

 

ハイジさん

3.2モード型最適津波避難計画モデルとネットワークデザイン問題への拡張

バリカン

4.自動運転車による社会的便益の評価

まさひとさん

5.総合病院来訪者の交通行動分析に基づく交通施設整備(小牧市を例に)

ライラ

6.コミュニティが作るまち

ノブさん

7.大学生による地域活動が地域住民のまちづくりに及ぼす影響

なかB

8.ベイジアンネットワークを用いた阪神高速道路における交通事故要因の抽出及び発生確率

の分析

うっちー

9.道路機能に着目した、維持管理方針デザインモデル

ひじりさん

10.高速道路の料金改定前後のETCデータを用いた新たな交通量配分モデルの検討

ジェームズ

11.近代における一宮の都市形成

きよP

12.交通流シュミレーションを用いた災害発生時の自動車避難における道路交通情報

提供の効果

なおPさん

13.高山本線建設期の高山町周辺部における自動車道路の整備

ペリー

14.移動体通信データを用いた人的交通流動把握

かっしー

15.リノベーションによるまちづくり

MJ

16.リスク評価に基づく維持管理計画モデルの実践

今回発表したみなさん事前の準備から発表までお疲れ様でした。

全員、特にB4生は宮城先生からのありがたい質問やコメントをいただいて、自分の研究に対するアプローチの希薄さに気付かされたと思います(>_<)

これからの数か月は、研究室の多くの学生が自分の進路のために大事な時期になると思いますので、Do It Yourself!!自分の道は自分で切り開いていけるよう何事にも自分から進んで挑戦していくように心がけましょう(^_^)/

This entry was posted in News, 研究室活動. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ