7/5特論 多々納裕一先生

M2のナオPです。

7月5日に京都大学防災研究所の多々納先生による特別講義がありました。

 

「大規模災害の経済影響分析の技術と課題」という演題で、経済評価の必要性や、交通インフラ・ライフラインの機能障害による経済的影響についてお話いただきました。

 

講演後は小山先生も合流されて柳ケ瀬の「malkin」で懇親会。たのしく飲みながら研究や進路についてのアドバイスもいただきました。多々納先生ありがとうございました。

 

2次会は歩いてすぐの「美殿町ラボ」で。

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ