第2回Gu-RSPs

12月23日に地域システムデザイン研究グループの合同研究会がありました。

地域科学部からも先生が来てくださり、いつもとは少し違った雰囲気での開催となりました。

 

発表の様子

M2 ヒジリ 「Logit-Weibit ハイブリッドモデルを用いた高速転換率モデルの推定に関する研究」

B4 ウッチー「戦略的スマートシュリンクのための道路ネットワークデザインモデル」

B4 キヨP「 交通流シミュレーションを用いた災害発生時の自動車避難における誘導情報の提供効果」

B4 MJ「リスク評価に基づく道路施工の普及版維持管理計画モデルの試行 と検証」

M2 ナオP「高山本線建設期の高山町における観光都市構想」

D Seham Mohamed Hassan Hamdan「Multimodal network performance due to travel choices’  flexibility based on MFD.」

B4 ペリー「Wi-Fiパケットセンサによる行動把握のためのデータ分類に関する 研究」

D 廣瀬さん「地域課題に関する情報の見える化とその効果」

B4 ヘッド「マルコフ連鎖モンテカルロ法(MCMC)の導入による最適堤防整備計画モデルの改良」

B4 マッキー「 近代一宮における工業形態の変容と都市形成」

B4 ライラ「 垂井地区中心部の再生に向けて」

M2 ノブ「外部者の地域活動がまちづくりに及ぼす影響」

M2 ハイジ「津波最適避難計画モデルに基づく施設整備指針に関する研究」

B4 トミー「ベイジアンネットワークを用いた都市高速道路における交通事故要 因の抽出」

B4 バリカン「自動運転による防犯効果の経済的評価」

B4 カッシー「地形情報を軸とした景観把握手法の開発 ‐東浦町景観政策を対象として」

M2 ノゾムー「砂防を題材とした総合学習の実践」

 

発表後は柳ケ瀬「北京」で懇親会!

今年も、おめでたい話を聞くことができました。

 

OBOGの方々、先生方、お忙しい中来ていただきありがとうございました。

This entry was posted in News, 研究室活動. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ