岐阜の石積み学校2018

こんにちは.M1のほりぐちです.

このところ天気が不安定そうですが,体調管理には十分注意をしてください.

さて,今回は9月6日~9日に開催された「岐阜の石積み学校」のブログです.今回で4回目の石積み学校,気がつけば僕は3回目の石積み学校なので,僕にとってはすっかり夏の風物詩になりました.

【1日目】
まずは石工の師匠を交えて,みんなで自己紹介です.
師匠は共に80代! しかも,まだまだ元気であるから凄い!
今回の石積み参加者のうち,半分近くは初めての石積みです.

その後は,石工の師匠と出村先生からのレクチャーです.
初めての石積みの学生も,みんな真剣に聞いています!
(でも,少し難し過ぎてイメージがつかめたかな? ここで言いたいのは,石積みは座学だけでなく実践を通じて学ぶものでもあるということです.)

現場に行き,早速石積みを崩す作業から.
道具を駆使しながら,石積みを崩していきます.

崩したものから小さな石が出てきました.
これは「ぐり石」といい,積んだ石が後ろや左右に動かないように,また裏からの排水性を高めるために用います.
崩したものは、今後作業がしやすいように「積み石」「ぐり石」「(裏の)土」に分けておきます.

下まで崩し終えたところで1日目は終了です.
いよいよ明日から積んでいきます.

 

【2日目】
天気が心配ですが,この日から本格的に積んでいきます!
石工の師匠に教わりながら,みんな実践を通して学んでいきます.

安定した石積みにする為に,適切な面や控え(奥行き)を持った積み石を選びます.
そして,3点でしっかりと安定するよう,積み石の下で支えるぐり石で上下,玄翁を使って前後の絶妙な位置を調整していきます.ちょうど良い石が無ければ,玄翁で石を割りちょうど良い形に整形します.

最初はよく分からずポカーン(?)と聞いていた初めての学生たちも,次第にコツを掴んで積極的に石を選び,色々と試しては角度を調節しながら石を積んでいきました.

この日だけで,写真のところまで達しました!
最後の仕上げはまた明日にまわして,2日目は地元の美味しい料理と酒を交わしておしまいです.

 

【3日目】
いよいよ仕上げ!
みんな疲れが見えても,最後まで一生懸命取り掛かります.
石積みが上まで行くと,上下の人の連携が重要になってきます.
下から積み石がかみ合っているか指示を出し,上で積み石の位置調整などを行います.

天端石を積み,剝がした芝を貼り直したら・・・

完成!

からの集合写真!

終わったら,みんなでBBQ!
みんな存分に飲んで食べて<仲良くなったメンバーとわいわい話して,楽しい宴でした!

 

【4日目】
この日は,出村先生手作りの鶏ちゃん焼きそばからスタート!
みんなで美味しく頂きました!
出村先生,朝早くからありがとうございます!

最後は振り返り
学んだこと,感じたことをグループで共有し,石工の師匠を招いて発表しました.

師匠からは「100点満点!」を頂きました!
ありがとうございます!

 

ちなみに,2日日以降は,大雨の予報でした.
警報も出で作業が大きく遅延するかと思いましたが,何とかもってくれました.
作業も順調に終わり,最高の出来の石積みになりました!
(いやぁ,よかったよかった.)

 

This entry was posted in 研究室活動. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ