3大学合同ゼミ&景観デザイン研究発表会

みなさんこんにちは.ヤミーです.

都市・景観研究室では,12/6から12/9まで長崎にいってまいりました.

初日は東工大・長崎大と合同ゼミ,

2~4日目は,景観デザイン研究発表会に参加しました.

 

合同ゼミは長崎市内のまちなか3roomという場所で行われました.

このスペースは長崎で活動する若者30人によって運営されている

コミュニティスペースです.

今年は今回で三回目となる他大との合同ゼミですが,

個人的には,その地域ならではの研究を知ることができて毎回楽しいです.

三人の先生から多くのアドバイスをいただき

とても密度の濃い時間となりました.

 

ゼミの後は懇親会です.

ゼミのときとは打ってかわって,学生がしゃべりまくります.

大学院に進学する学生が少なく,来年会えない人が多いのは寂しいですが

とても楽しい時間を過ごしました.

そのあとは岐大の学生で二次会にいきました.

こちらもいつもどおり楽しかったです.

 

二日目は午前中に出島にいったり,めがね橋を見たりしました.

 

出島復元整備事業に関わるEAUの崎谷さんの講演で話を聞いていたので,

実物を見ることができてよかったです.

午後からはシンポジウムに参加し,夜は鍋冠山の夜景を見にいきました.

真っ暗な海,空と綺麗な街の光の対照的な様子がとても綺麗でした.

(”景観”デザイン研究会に参加する者が,

こんな稚拙な表現で景観を評価していいのか甚だ不安ですが..)

 

四日目の午前は

長崎県庁と水辺の森公園にいきました.

 

長崎県庁は日建設計などによって設計されており,

長崎県産の木材がたくさん使われていましたが,

とてもモダンでシャープな印象でした.

 

研究発表会最後のクロージングでは

他大学の友達が何人も表彰されており,

来年は自分も何かの学会で表彰されるような発表をしたいと

自らを鼓舞しました.

 

次はGURSPsにむけて頑張りましょう!

 

This entry was posted in 研究室活動. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ