研究室の風物詩

寒さが厳しい今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。投稿が遅くなり申し訳ありません。都市・景観研究室のキリンです。

さて、時候の挨拶を簡単にしようと思って、1月の風物詩を調べてみました。

1月といえば、やはり、お正月、お餅、箱根駅伝、センター試験などなどなど。そんな季節になりました。

そして、研究室の1月の風物詩といえば、卒論の提出に向けて、ひいこら言っている4年生でしょうか。

というかそれは僕です。

それとも、大学に泊まり込んで、連日インスタント食品を食べている4年生でしょうか。

実はそれも僕です。

そんな僕にとって、先輩方からの差し入れはめちゃくちゃありがたいです。特に、お餅はおいしかったです。とてもおいしかったです。

マサヒトさん、ありがとうございました!

あるいは、一日中パソコンに向かう4年生でしょうか。

それは、隣の席の原口君です。

そんなわけで、完全に研究室の風物詩となってしまっている僕の近況でした。

ということで、次は季語になることを目指して頑張ります。嘘です、必死こいて卒論をやり切ります。

ラストスパート、頑張ります!

鍵谷

This entry was posted in 研究室の日常. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ