第2回発表ゼミ

B4のノブです.7/31,8/1(木・金)に第2回発表ゼミが行われました.今回は2人のDが5人,M2が1人,M1が3人,B4が5人の総勢14人の発表となりました.

それぞれの研究題目は以下(並びは発表順とさせていただきます)のようになっております.

一日目

M2 パーシーさん 「1910年代における都市間交通の形成と観光産業」

B4 ヒジリ 「阪神高速道路のETCデータを用いた料金感度分析」

M1 周さん 「岐阜における地下水と生活の関係」

D2 東さん 「社会的課題に対するゲーミフィケーションの活用」

M1 ダイソンさん 「岐阜県MCI計算データに基づく舗装劣化リスク評価モデルの検討」

B4 ナオP 「近代岐阜県中山間地における道路建設の意義」

D1 カレードさん [The Development of Public Transport Systems to Reduce Operating Costs」

二日目

B4 ノゾム 「明治時代の砂防技術」

B4 イワサキクン 「防災士による地域社会の自助・共助の促進  -減災方策の有効性検証-」

B4 ハイジ 「中山間地域の狭隘区間道路における走行特性」

M1 カンさん 「洪水を想定した災害発生時の交通管理と避難計画(仮)」

D4 野崎さん 「国民が,より安心して暮らせる社会のための地震保険のあり方」

D3 ケンヂさん 「道路巡回の最適経路計画決定モデルの構築」

研究会などで今回発表できなかった方々は別日で行います.

みなさま,お疲れ様でした.今回の発表ゼミは研究グループの全員の発表が聞けるということで,他の研究室の先輩方がどんな研究をしておられるのか,少し理解が進むことができました.

特に,野崎さん!!初めてお会いさせていただきましたが,堂々としたプレゼンでとてもわかりやすかったです.今後に中間発表などに向けて,見ならっていきます!!

D,M2のみなさまはお忙しい中,発表ありがとうございます.M1の方々も秋大会に向けてさらなる追い込みが始まるのではないでしょうか?これから夏季長期休暇が始まります!!この夏休みを有意義に過ごしていきましょう(^o^)/

あと,“「仮説」はしっかりと設けないといけない”が今回の発表ゼミの成果です.^^

This entry was posted in News, 研究室活動. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ