Wi-Fiパケットセンサを活用した学内交通流動調査について

Wi-Fiパケットセンサを活用した学内交通流動調査について

English version

1. 本調査の目的

交通システムデザイン研究室では歩行者や車の流動や滞留のデータ取得を目的としたWi-Fiパケットセンサの基本的特性を把握することを目的に岐阜大学内にて観測調査を行います.

2. 調査方法

本調査ではスマートフォン等の通信機の情報を観測し,学内の人や車の動きや滞留を把握します.この調査において通信内容が取得されることはなく,また名前・電話番号・メールアドレスなどの個人情報が取得されることもありません.

3. 調査期間

平成31年3月31日まで計測を実施します。計測地点の変更や期間の延長については本HPで随時お知らせします.なお,11月5日~12月7日まで実施しました自動車流動調査は無事終了いたしました.これに引き続き,下記の調査地点にて歩行者調査を1月7日から2月8日まで実施予定です.皆様ご協力のほどどうかよろしくお願いします.

4. 観測データとその取扱い

i. 観測データの詳細
スマートフォンやゲーム機,パソコン等が発するWi-Fi信号(パケット)に含まれる端末情報(MACアドレス)に匿名化・暗号処理を行い,個人が特定できない識別情報(A-MACアドレス)に変換して計測します.この識別情報には,通信内容や名前,電話番号,メールアドレス等の個人情報は一切含まれておらず,記録されたデータから個人が特定されることはありません.また通信内容を傍受するものでもありません.

ii. 観測データの利用範囲と取り扱い
1.に記載した「本調査の目的」に従い,Wi-Fi機器にて動きや滞留状況,移動時間,移動量,移動パターン,時間変動等の分析を行います.なお,本検証を通じて取得したA-MACアドレス情報及びそれを加工して得た情報を第三者へ提供することはありません.

iii. 観測を望まれない場合
この調査では,お持ちのスマートフォンやゲーム機等のWi-Fiパケットを自動的に計測します.本調査により個人情報の漏洩や通信内容の傍受が行われることはありませんが,もし本調査による計測を避けられたい場合は,お持ちの機器のWi-Fi機能をオフにしてください.Wi-Fi機能をオフにすると,その機器のパケットは観測されません.もし観測されたデータの消去を希望される場合は下記連絡先までお問い合わせください.お持ちの機器のMACアドレスをお聞きし,観測データの中から対応するデータをすべて消去いたします.ただし,毎週月曜日午前0時よりA-MACアドレス作成時の鍵を更新するため,MACアドレスとA-MACアドレスの対応が不可能となるため,捕捉日の次の日曜日までにご連絡いただかなければ削除が不可能であること,ご承知おきください.

5. 問い合わせ先
工学部社会基盤工学科交通システムデザイン研究室(工学部棟C327):倉内文孝
電話:058-293-2443(倉内)
E-mail:wifi-sensor@gu-rsp.org

交通システムデザイン研究室では歩行者や車の流動や滞留のデータ取得を目的としたWi-Fiパケットセンサの基本的特性を把握することを目的にWi-Fiパケットセンサを用いた観測調査を行います。

2. 調査方法

本調査では、スマートフォン等の通信機の情報を観測し、学内の人や車の動きや滞留を把握します。この調査において通信内容が取得されることはなく、また名前・電話番号・メールアドレスなどの個人情報が取得されることもありません。

3. 調査期間

平成30331日まで計測を実施します。計測地点や期間の延長については本HPで随時お知らせします。

4. 観測データとその取扱い

i. 観測データの詳細

スマートフォンやゲーム機、パソコン等が発するWi-Fi信号(パケット)に含まれる端末情報(MACアドレス)に匿名化・暗号処理を行い、個人が特定できない識別情報に変換して計測します。この識別情報には、通信内容や名前、電話番号、メールアドレス等の個人情報は一切含まれておらず、記録されたデータから個人が特定されることはありません。また通信内容を傍受するものでもありません。

ii. 観測データの利用範囲と取り扱い

1.に記載した「本調査の目的」に従い、Wi-Fi機器の動きや滞留状況、移動時間、移動量、移動パターン、時間変動等の分析を行います。また、本検証を通じて取得したMACアドレス情報及びそれを加工して得た情報を第三者へ提供することはありません。

iii. 観測を望まれない場合

この調査では、お持ちのスマートフォンやゲーム機等のWi-Fiパケットを自動的に計測します。本調査により個人情報の漏洩や通信内容の傍受が行われることはありませんが、もし本調査による計測を避けられたい場合は、お持ちの機器のWi-Fi機能をオフにしてください。Wi-Fi機能をオフにすると、その機器の情報は観測されません。もし観測されたデータの消去を希望される場合は、下記連絡先までお問い合わせください。お持ちの機器のMACアドレスをお聞きし、観測データの中から対応するデータをすべて消去いたします。

5. 問い合わせ先

工学部社会基盤工学科交通システムデザイン研究室(工学部棟C327

E-mail

コメントをどうぞ