モビリティアナリティクス研究室

研究室の概要

情報通信技術やAIなどの先端技術や人の流れ,土地や施設の利用状況などのビッグデータを活用し,エネルギーや交通,行政サービスなどの社会基盤を効率的に管理・運用するスマートシティ構想が立ち上げられ,様々な地域で実証実験が進められています.このようなスマートシティの実現には,豊富に収集される交通ビッグデータを解析し,移動ニーズに対応した最適なモビリティサービスをデザインする必要があります.
本研究室は,2021年4月より研究室名を交通システムデザインからモビリティアナリティクスへ変更しました.最適な交通システムを「デザイン」することだけでなく,交通ビッグデータを駆使し,迫りくる交通革命に対応したモビリティサービスをデザインし移動をプロデュースすることをめざし,そのための方法論を考究しています.

〈スタッフ〉
教授   倉内文孝(ResearchmapResearchgate
特任教授 宮城俊彦

〈大学院生〉
博士後期課程      周広輝
博士前期課程2年   河野滉平
博士前期課程1年   荒木麻里
博士前期課程1年   柴垣太郎

〈学部生〉
4年  荒木咲良
4年     石榑晃多
4年  柴田芽依
4年  渡邉安美

コメントをどうぞ